2018-11-04から1日間の記事一覧

小説「暗転」~帝王が愛した女~ 11

《第二章 時代の流れ》 座標(ざひょう) 仁川広域市から戻った二人はどこかぎこちなかった。あまりにも近すぎたのだ。しかし、洋子から聞かされた親父の思いが業界で孤軍奮闘している自分に愚かさを感じさせた。そして人の言葉に惑わされることなく信念を貫き…