2018-11-06から1日間の記事一覧

小説「暗転」~帝王が愛した女~ 13

《第二章 時代の流れ》 望郷(ぼうきょう) 洋子の祖父であり、はじめの父親の悟といっしょに朝鮮半島から日本へ逃げてきた笹岡一郎は、悟と別れてからすぐ佐世保の海軍病院で、マラリアに罹患してこの世を去った、1945年9月のことであった。遺体は、昭島市の…