2018-11-17から1日間の記事一覧

小説「暗転」~帝王が愛した女~ 20

《第三章 瓦解》 虚無(きょむ) 今までどんな困難なことがあっても、必ずアイディアを出して一人で乗り切ってきたはじめであったが、病気の後は弱気で突き進む力が無かった。そんなはじめの状態が経営成績にも顕著に現れた。荻窪営業所を手放したことが相当堪…