office365 soloの方がお買い得

 パソコンを買ったときにセットで購入するか、別売りでofficeを購入するかで何かしらかofficeの世話になっていると思います。はじめは、私もそうでした。今までのやり方で使用した方が安心できると考えたからです。しかし、断然お得な商品があったのです。

それは、office 365 soloです。1年更新で高くつくと思いがちですが利用範囲が大きいです。

 

価格

 office 365 solo パッケージ版(カード)  amazon 12,180円(10月16日現在)

 office professional(永続版)       amazon 58,703円(10月16日現在)

 

 初期投資は、office 365 soloの方が安く済みます。長い目で見るとoffice professional(永続版)の方がお得なように見えますが、パソコンの機能面の寿命やofficeのバージョンを考えれば今は3年で入れ替えた方が何かといいと思います。

 尚、更新時には10月16日現在amazonで前回amazonでoffice 365 soloを購入した場合10%の割引を行っております。

 

機能比較

  Office 365 Solo  Office Professional 2016 
使用年数/使用台数  1年更新版/同一ユーザーが使用するPC、タブレット、スマホなら無制限。但し、同時サインインは5台まで。  永続 / PC2台 
対応OS  Windows/Mac  Windows 
アプリケーション  Word/ Excel/ PowerPoint/ Outlook/ One note/ Access/ Publisher  Word/ Excel/ PowerPoint/ Outlook/ One note/ Access/ Publisher 
1TBのOneDrive オンライン ストレージ  〇  × 
毎月60分の固定/携帯電話Skype通話プラン(日本/世界)  〇  × 
Office テクニカルサポート  〇  × 

 

 メリット1

 office 365 soloの方がインストールする機種や台数が制限されていない点が大きなメリットです。また、one driveやskype、テクニカルサポートも受けられ便利です。skypeは米国とのやり取りに威力を発揮します。例えば、納税者番号を取得するときとか。

 

 メリット2

 常に最新の機能がアップデートされ使用できる。

 

 デメリット

 稀にバックグラウンドでアップデートしている時は、使用中であってもそのような挙動があるかもしれません。1年更新なのでその都度更新手続きをしなければならないこと。

 

インストール時の注意点

 デフォルトでは32bit対応なので、自分のパソコンが32bitなのか64bitなのか確認の上インストールする必要がある。これを合わないバージョンでインストールするとレスポンスが遅く感じたりします。