バニラアイスと梅干とダイエット

 バニラには、風邪の予防とダイエット効果、腸内環境の整備、滋養強壮に役に立つバニリン、リナロール、フェランドレンが含まれています。

  

f:id:ogoesamurai:20181019110721p:plain

 

 

成分解説

 

バニリン

 脂肪燃焼効果があり肥満を抑制します。

 

リナロール

 芳香成分であるリナロールには、イライラや興奮といった神経系の過活動を抑制する鎮静効果と抗菌・抗ウイルス作用があり免疫力をアップする効果、腸の中のガスの排出を促す効果があります。

 

フェランドレン

 滋養強壮効果があります。

 

アイスの表示

 バニラビーンズ入り、バニラ香料と表示されていたら、天然のバニラビーンズが使用されています。

 

バニラビーンズの世界最大輸出国

マダガスカルのバニラ生産量は世界の総生産の60%を占め(年間生産 量:1100~1400トン)、マダガスカルは世界最大のバニラ輸出国です。それにも関わらず、国内の生産量に比べ輸出量は少なく、輸出総額の 10~15%にすぎません。マダガスカル産のバニラはバニリン含有率が高く、有機栽培で育てられています。

世界で最もよく知られるフレーバーであるバニラは、ラン科のつる植物から収穫されます。手作業による受粉を必要とするため、最も栽培に手間のかかる農作物でありながら収穫率は最も低く、高価な値で取引されます。

バニラの価値はその甘い風味と香りにあります。バニラビーンズ、バニラパウダーやバニラエッセンスとして販売され、焼き菓子、飲み物、砂糖菓子、アイスク リーム、シロップ、香料やチョコレートの香り付けに用いられます。また、医薬品の風味付けや、塗料、消臭剤、洗浄剤の香料など、工業にも広く用いられてい ます。

出典:駐日マダガスカル大使館

 

バニラ価格と銀価格(2018年9月)

 バニラ価格 約600ドル/キログラム

 銀価格   約460ドル/キログラム

※バニラ価格の高騰は、2017年のサイクロンの影響により、農園が大打撃を受けたことと投機筋の買い占めが原因です。更に世界的に需要も増加しております。農産物取引の情報サービス「IEG Vu」は役に立ちます。

iegvu.agribusinessintelligence.informa.com

 

天然バニラ成分の入ったアイス

 ハーゲンダッツ バニラ

 GLICO  牧場しぼり 濃厚バニラ

www.glico.com

セブンイレブン 金のバニラアイス

 

梅干し

 バニラと兄弟分の関係にあります。バニリンはバニラビーンズと梅干し以外は、他の食べ物にほとんど含まれない成分だからです。同様に脂肪燃焼効果による肥満の抑制があげられます。

 更に梅干しに含まれるクエン酸には疲労回復効果がありますし、梅干しの殺菌作用は食中毒予防にもなります。

 最近になって分かった梅干しの健康効果としては、ピロリ菌の抑制効果があります。
ピロリ菌は 胃がんの原因であると言われている菌です。

 

 

合成香料の安全性

 バニラアイスの成分表示で「香料」という場合、バニラの合成香料だと考えていいと思います。

合成香料に対して安全性を危惧する人がいます。これは「合成」あるいは「化学的生成物」という言葉のニュアンスに対する懸念です。合成香料は、化学的構造の面からみると、ほとんどが天然香料物質か食品成分と同一なものです。たとえば、バニラ豆の成分としてのバニリンも木材のリグニンを原料に合成されたバニリンも、バニリンという物質としてまったく違いがありません。さまざまな果物に含まれているエステル類も、乳製品に含まれているラクトンもこれと同じことが言えます。

出典:日本香料工業会

フレーバーの安全性 | 日本香料工業会 - Japan Flavor and Fragrance Materials Association -