The Beatles(初期編)  ハイレゾ音質

 The Beatlesと言えば、もう説明はいらないと思うがどの音源が一番いい音なのかと言えば、それは2009年12月発売の「The Beatles USB」になります。高級オーディオ機器で試聴した訳ではなく、あくまでイヤホンで聴いただけだが、恐らく他のオーディオ機器で高級機器であればあるほどその違いが鮮明になる。

 スマホと3万円未満のイヤホンで聴くだけでは、その違いは実感できない可能性が高い。できれば、音場の広いイヤホンで試聴されることを推奨する。

 どうしても金銭的に大変だという人は、2009年9月のリマスターCDを聴いてみて下さい。ハイレゾほどではないが音質的にはかなり向上している。

 

 そして何よりもっともっとビートルズを知ってほしい。1963年のプリーズプリーズミーから始まって、1970年のLET IT BEまでの音楽的進化の過程と素晴らしい才能のぶつかり合いから産まれた音楽の全てを。

 

 

 

 

比較対象 2009年The BeatlesリマスターCD VS 2009年The Beatles usb

【記録媒体】

2009年The BeatlesリマスターCD     CD

2009年The Beatles usb           USB

【記録方式】

2009年The BeatlesリマスターCD     16bit/44.1kHz

2009年The Beatles usb                                   24bit/44.1kHz

 

ダイナミックレンジとSN比とノイズの関係

 

 CDは16bitなのでダイナミックレンジは約96dBであり、ハイレゾは24bitなので約144dBあることになります。この広さの中で記録されていることになります。

 人間の可聴範囲とされているのが120dB程度であることから、ダイナミックレンジが広く、SN比が大きいほうがノイズが目立たなくなり音の解像度が高くなります。一般的には、ダイナミックレンジが広くなるとSN比が良くなると言われております。

 これが数値的には、ハイレゾ(24bit)の方が音質がいいと言われる理由です。

 

f:id:ogoesamurai:20181021093459p:plain

英国版公式オリジナルアルバム別「The Beatles usb」比較レビュー

 

1. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア

  •  ジョージのグレッチの高音の煌びやかさ。
  •  ポールのヘフナーベースの音の太さが特徴的である。

2. ミズリー

  •  ピアノの音の残響感がいい。

3. アンナ

  •  ヴォーカルの残響感の漂いとドラムの分離感。

4. チェインズ

  •  ヴォーカルのリバーブ感とギターとベースの音の分離感。

5. ボーイズ

  •  グレッチの高音の煌びやかさとベースが一音一音しっかり出ている。

6. アスク・ミー・ホワイ

  •  ギターの音の粒立ちの良さ。

7. プリーズ・プリーズ・ミー

  •  ベースの音の太さと解像度の良さ。

8. ラヴ・ミー・ドゥ

  •  ハーモニカの中域の厚さと高域の抜けの良さ。 

9. P.S.アイ・ラヴ・ユー 

  •  特になし。

10. ベイビー・イッツ・ユー

  •  ヴォーカルのリバーブ感の漂いの良さ。

11. ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット

  •  ヴォーカルのリバーブ感とベースの音の太さ、抜けの良さ。

12. 蜜の味

  •  ギターのリアリティが良く出ている。

13. ゼアズ・ア・プレイス

  •  ギターの低域とハーモニカの高域が良く出ている。

14. ツイスト・アンド・シャウト

  •  ギターの音の粒立ちの良さとベースの動きが一音一音はっきり聞こえる。

 

※全体的に古さを感じさせない瑞々しさとレフト側に録音されている音がとても印象的に聴こえた。

 

 

1. イット・ウォント・ビー・ロング

  •  ギターの音が中域がしっかり出ている。

2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ

  •  ポールのヘフナーベースが全体に埋没することなく低音が出ている。

3. オール・マイ・ラヴィング

  •  ポールのランニングベースの音がはっきり聴こえる。

4. ドント・バザー・ミー

  •  ベースの音質向上が挙げられる。

5. リトル・チャイルド

  •  特筆すべき点はなし。

6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー

  •  ベースを中心に全体的にバランスのいい広がりがある。このアルバムの中で一番いい音質。

7. プリーズ・ミスター・ポストマン

  •  特筆すべき点はなし。

8. ロール・オーバー・ベートーヴェン

  •  特筆すべき点はなし

9. ホールド・ミー・タイト

  •  特筆すべき点はなし。強いて言えば低音に少しうねりがある。

10. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー

  •  ベースを中心に全体的にバランスのいい広がりがある。このアルバムの中で一番いい音質。

11. アイ・ウォナ・ビー・ユア・マン

  •  特筆すべき点はなし。

12. デヴィル・イン・ハー・ハート

  •  ベースを中心に全体的にバランスのいい広がりがある。このアルバムの中で一番いい音質。

13. ナット・ア・セカンド・タイム

  •  ピアノなのかオルガンの低音がしっかり出ている。

14. マネー

  •  ベース、ピアノ、ジョンのヴォーカルの迫力が違う。

 

 

1. ア・ハード・デイズ・ナイト

  •  イントロからポールのベースのうねりが聴ける。

2. 恋する二人

  •  ベースの太さと音場が広がっている。

3. 恋におちたら

  •  ベースの存在感とヴォーカルの音が素直に伸びてくる。

4. すてきなダンス

  •  やはりベースの音の抜けがいい。ジョンのリッケンバッカーのギター音の粒立ちもいい。

5. アンド・アイ・ラヴ・ハー

  •  しっかりした低音と透明感だろうか。

6. テル・ミー・ホワイ

  •  ピアノとベースの低音がしっかり出ている。

7. キャント・バイ・ミー・ラヴ

  •  特筆すべき点はなし。

8. エニイ・タイム・アット・オール

  •  ベースのうねりとピアノの低音がいい。

9. ぼくが泣く

  •  やはりベースの音がいい。

10. 今日の誓い

  •  ベースの動きがはっきり分かる。

11. 家に帰れば

  •  ベースの低音とうねりがいい。

12. ユー・キャント・ドゥ・ザット

  •  ベースとギター音の解像度が高い。

13. アイル・ビー・バック

  •  ガットギター、アコースティックギター、ヘフナーベースのバランスと解像度、音の広がりがいい。

 

 

 

1. ノー・リプライ

  •  ベースとピアノの低音がいい。

2. アイム・ア・ルーザー

  •  強いて言えばランニングベースがいい音で鳴っている。

3. ベイビーズ・イン・ブラック

  •  ベース音がいい。

4. ロック・アンド・ロール・ミュージック

  •  シンバルの音とジョンのサイドギターの音の粒立ちがいい。

5. アイル・フォロー・ザ・サン

  •  高域の抜けとベースの音がいい。

6. ミスター・ムーンライト

  •  バックコーラスに奥行きが出ている。

7. カンサス・シティ/ヘイ・ヘイ・ヘイ・ヘイ!

  •  ベースの低音の迫力がいい。

8. エイト・デイズ・ア・ウィーク

  •  音場が広がっている。

9. ワーズ・オブ・ラヴ

  •  高域が素直に伸びていることと音場が広がっている。

10. ハニー・ドント

  •  低音の迫力が増している。リンゴのヴォーカルはどうしても受け入れられない。

11. エヴリ・リトル・シング

  •  ピアノとベースの低音と奥行き感がいい。

12. パーティーはそのままに

  •  高域と低域の抜けがいい。

13. ホワット・ユーアー・ドゥーイング

  •  バスドラとベースの低域とギターの高域の抜けがいい。

14. みんないい娘

  •  特筆すべき点はなし。

 

 

1. ヘルプ! (from the film “HELP!”)

  •  音の奥行きが若干広がった。 

2. ザ・ナイト・ビフォア (from the film “HELP!”)

  •  ポールのヴォーカルとコーラスの距離感が広がった。

3. 悲しみはぶっとばせ (from the film “HELP!”)

  •  音場が広くなった。

4. アイ・ニード・ユー (from the film “HELP!”)

  •  特筆すべき点はなし。

5. アナザー・ガール (from the film “HELP!”)

  •  全体的に分離感と解像度が上がった。

6. 恋のアドバイス (from the film “HELP!”)

  •  ベースの低音とギターの高域の抜けの良さ。

7. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) (from the film “HELP!”)

  •  音の解像度の向上。

8. アクト・ナチュラリー

  •  ベースの低音とバスドラの抜けの良さ

9. イッツ・オンリー・ラヴ

  •  音場の広がりがいい。

10. ユー・ライク・ミー・トゥー・マッチ

  •  解像度と音場の広がりがいい。

11. テル・ミー・ホワット・ユー・シー

  •  全ての楽器の音が小さいものまで埋もれることなく聴こえる。

12. 夢の人

  •  アコースティックギターとポールのダブルトラックのヴォーカルの距離感がいい。

13. イエスタデイ

  •  解像度と音場の広さ。

14. ディジー・ミス・リジー

  •  ジョージのグレッチの高域の抜けの良さが目立つ。