The Beatles(後期編)  ハイレゾ音質

 The Beatlesと言えば、もう説明はいらないと思うがどの音源が一番いい音なのかと言えば、それは2009年12月発売の「The Beatles USB」になります。高級オーディオ機器で試聴した訳ではなく、あくまでイヤホンで聴いただけだが、恐らく他のオーディオ機器で高級機器であればあるほどその違いが鮮明になる。

 スマホと3万円未満のイヤホンで聴くだけでは、その違いは実感できない可能性が高い。できれば、音場の広いイヤホンで試聴されることを推奨する。

 どうしても金銭的に大変だという人は、2009年9月のリマスターCDを聴いてみて下さい。ハイレゾほどではないが音質的にはかなり向上している。

 

 そして何よりもっともっとビートルズを知ってほしい。1963年のプリーズプリーズミーから始まって、1970年のLET IT BEまでの音楽的進化の過程と素晴らしい才能のぶつかり合いから産まれた音楽の全てを。

 

 

 

 

比較対象 2009年The BeatlesリマスターCD VS 2009年The Beatles usb

【記録媒体】

2009年The BeatlesリマスターCD     CD

2009年The Beatles usb           USB

【記録方式】

2009年The BeatlesリマスターCD     16bit/44.1kHz

2009年The Beatles usb                                   24bit/44.1kHz

 

ダイナミックレンジとSN比とノイズの関係

 

 CDは16bitなのでダイナミックレンジは約96dBであり、ハイレゾは24bitなので約144dBあることになります。この広さの中で記録されていることになります。

 人間の可聴範囲とされているのが120dB程度であることから、ダイナミックレンジが広く、SN比が大きいほうがノイズが目立たなくなり音の解像度が高くなります。一般的には、ダイナミックレンジが広くなるとSN比が良くなると言われております。

 これが数値的には、ハイレゾ(24bit)の方が音質がいいと言われる理由です。

 

f:id:ogoesamurai:20181021093459p:plain

英国版公式オリジナルアルバム別「The Beatles usb」比較レビュー

 

 

1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.

  •  オープニングの飛行機の上昇音の迫力からして違う。ジョンレノンのフェンダー6弦ベースのリフが迫力満点に聴こえる。 

2. ディア・プルーデンス

  •  ジョージのギターが低音までしっかり出ている。

3. グラス・オニオン

  •  特筆すべき点はなし。

4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ

  •  メリハリの効いたサウンド。

5. ワイルド・ハニー・パイ

  •  特筆すべき点はなし。

6. コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロウ・ヒル

  •  リッケンバッカーのベースの抜けの良さとギターがリアルに聴こえる。

7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス

  •  ギターの音の音圧が上がっている。ベースの解像度も上がっている。

8. ハピネス・イズ・ウォーム・ガン

  •  後で聴こえるジョンのギターのアルペジオとジョンのヴォーカルの存在感が上がっている。

9. マーサ・マイ・ディア

  •  ストリングスがいい感じに聴こえる。 

10. アイム・ソー・タイアード

  •  ドラムスの位置が少し奥から聴こえて全体的な楽器の位置感がいい。

11. ブラックバード

  •  アコースティックギターが一音一音音圧が上がっている。

12. ピッギーズ

  •  ライトから聴こえるアコースティックギターが印象的に聴こえる。ストリングスの低音もしっかり出ている。

13. ロッキー・ラックーン

  •  アコースティックギターの一音一音の音圧が上がっている。ドラムスの端切れの良さもはっきり分かる。

14. ドント・パス・ミー・バイ

  •  音場が広がっている。

15. ホワイ・ドント・ウィ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード

  •  ピアノとベースの低音が効いている。

16. アイ・ウィル

  •  楽器の位置関係も含めて奥行きが出ている。

17. ジュリア

  •  アコースティックギターがとてもリアルに聴こえる。

18. バースデイ

  •  特筆すべき点はなし。

19. ヤー・ブルース

  •  ドラムスの位置が少し奥に入っているが、音量が低くなっているわけではない。

20. マザー・ネイチャーズ・サン

  •  アコースティックギターの存在感とホーンの鳴りが素晴らしい。

21. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミーアンド・マイ・モンキー

  •  ギターの音圧が上がっている。

22. セクシー・セディ

  •  ギターとピアノとベースの低音が上がっている。

23. ヘルター・スケルター

  •  イントロのギターのリフからして音圧が上がっている。

24. ロング・ロング・ロング

  •  アコースティックギターの音がいい音で鳴っている。

25. レボリューション 1

  •  エレキギターの音が特に艶やかに聴こえる。 

26. ハニー・パイ

  •  ピアノとホーンがいい音で鳴っている。

27. サボイ・トラッフル

  •  特筆すべき点はなし。

28. クライ・ベイビー・クライ

  •  ヴォーカルの位置感がいい。エレキギターの音圧も上がっている。

29. レボリューション 9

  •  オーケストラの迫力が増している。

30. グッド・ナイト

  •  オーケストラの壮大感が素晴らしい。弦楽器の艶やかさもいい。

 

 

1. イエロー・サブマリン

  •  アコースティックギターと海の音がリアルに聴こえる。

2. オンリー・ア・ノーザン・ソング (モノラル録音)

  •  重心が低くなった音質。

3. オール・トゥゲザー・ナウ

  •  アコースティックギターの音の粒が細かくなった感じ。

4. ヘイ・ブルドッグ

  •  ピアノのイントロに迫力が増した。ギターの音量が上がっている。

5. イッツ・オール・トゥー・マッチ

  •  イントロのギターのフィードバック音の迫力が増している。

6. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)

  •  フランス国歌の音場の広がりとストリングスの艶やかな弦の音、ソロギターの音圧が上がりリアルに聴こえる。

7. ペパーランド

  •  音場の広がり奥行きとダイナミックになっている。ピアノとハーブが繊細に鳴っている。

8. シー・オブ・タイム

  •  音場が少し広がった。

9. シー・オブ・ホールズ

  •  音場が少し広がった。

10. シー・オブ・モンスターズ

  •  音場が少し広がった。低音も少し強くなった。

11. マーチ・オブ・ザ・ミーニーズ

  •  音場が少し広がった。低音も少し強くなった。

12. ペパーランド・レイド・ウェイスト

  •  奥行き感が出ている。

13. イエロー・サブマリン・イン・ペパーランド

  •  音場感が広がった。

 

 

1. カム・トゥゲザー

  •  ベースの音量が上がっている。ギターの音の解像度が上がっている。

2. サムシング

  •  空間の漂いとギターの解像度が上がっていてとてもロマンチックに聴こえる。

3. マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー

  •  ピアノとベースの低音が効いている。ギターの高音も伸びている。

4. オー!ダーリン

  •  ベースの低音が増したうねりとギターの音の解像度が上がっている。コーラスの漂い感も素晴らしい。

5. オクトパス・ガーデン

  •  イントロのギターの音圧感からして違っている。

6. アイ・ウォント・ユー

  •  イントロのギターのアルペジオが音圧があがっている。

7. ヒア・カムズ・ザ・サン

  •  イントロのアコースティックギターの音抜けがいい。低音が引き締まっている。

8. ビコーズ

  •  イントロの部分から解像度と音圧が上がっている。

9. ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー

  •  音が全体的に太くなっている。

10. サン・キング

  •  イントロから音に重量感が出ている。

11. ミーン・ミスター・マスタード

  •  低音のパンチが効いている。

12. ポリシーン・パン

  •  奥行きが広がっている。

13. シー・ケイム・イン・スルー・ザ・バスルーム・ウィンドー

  •  ベースとエレキギターの音量が上がっている。

14. ゴールデン・スランバー

  •  イントロのピアノの音に張りが出ている。全体的に重厚さが増している。ストリングスの艶やかさもいい。ホーンもしっかり聴こえる。

15. キャリー・ザット・ウェイト

  •  重厚さが増している。

16. ジ・エンド

  •  ギターの音量が上がっている。

17. ハー・マジェスティ

  •  ギターの音圧が上がっている。

 

 

1. トゥ・オブ・アス

  •  アコースティックギターの音圧が上がっている。

2. ディグ・ア・ポニー

  •  ジョンのサイドギターの音の解像度があがり、ジョージのオールローズウッドテレキャスターの音抜けが良くなっている。

3. アクロス・ザ・ユニバース

  •  アコースティックギターの存在感が増している。

4. アイ・ミー・マイン

  •  エレキギターの低音に迫力が増して聴こえる。

5. ディグ・イット

  •  特筆すべき点はなし。

6. レット・イット・ビー

  •  オーケストラのスケールが大きくなっていることとギターの中域が艶やかに聴こえる。

7. マギー・メイ

  •  アコースティックギターの音圧が上がっている。

8. アイヴ・ガッタ・フィーリング

  •  ヘフナーベースのうねりがいい。ジョージのギターも音圧が上がっている。

9. ワン・アフター・909

  •  ベースの音圧とジョージのギターの抜けの良さが目立つ。

10. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

  •  特筆すべき点はなし。

11. フォー・ユー・ブルー

  •  アコースティックギターの音圧が上がっている。
  •  ジョンのスライドギターの音が太くなっている。

12. ゲット・バック

  •  ベースの解像度が上がっている。
  •  ジョージのギターの音圧、解像度ともに上がっている。