小説「暗転」~帝王が愛した女~ 7

《第一章 はじまり》

 寸意(すんい)

 

 

f:id:ogoesamurai:20181030202739p:plain

 

 1984年、フェニックスタクシーはハイヤー50台分を含めて保有台数が607台になっていた。銀行借入残高も30億円を超えていた。そして、はじめがはじめたもう一つの事業、ワイン事業も急ピッチに進められていた。

 はじめは、ワインはフランス南西部ボルドー産のワインの中でもシャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・マルゴー、シャトー・ラトゥール、シャトー・オー・ブリオン、シャトー・ムートン・ロートシルトの5銘柄のみしか取り扱わないと決めていた。各種年代物も含めて名だたる銘柄のものだけだ。

 

シャトー・ラフィット・ロートシルト

シャトー・ラフィット・ロートシルトは、ボルドーの北西メドック地区の高名なワイン生産地ポーイヤック村の北端に位置する。シャトーの敷地面積は123ヘクタールで、うち100ヘクタールがブドウ畑となっている。石灰質を基盤とする砂利質のテロワール(土壌)はメドックでも最上と目されている。品種別の作付面積は、カベルネ・ソーヴィニョンが70パーセント、メルローが25パーセント、カベルネ・フランが3パーセント、プティ・ヴェルドが2パーセントである。

ワインの生産量は年間3万5,000ケース(42万本)である。うち1万5,000から2万5,000ケースがメドック第1級格付けの赤ワイン「シャトー・ラフィット・ロートシルト」として出荷される。第1級の名声に達しないと判断されたワインはセカンドラベルの「カリュアド・ド・ラフィット」として出荷される。

尚、ブレンド比率はその年のブドウの出来具合によって変わる。極端な例では、1961年のヴィンテージではカベルネ・ソーヴィニョンを100パーセント使用していた。カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いことで、タンニンの強いフルボディのワインとなるが、その味わいは酸味と渋味のバランスが程よく、品格を感じさせるものとなっている。出典:ウィキペディア

 シャトー・マルゴー

シャトー・マルゴーは、ジロンド県の県庁所在地ボルドーの北方、メドック地区マルゴー村にある。マルゴー村はガロンヌ川河口部エスチュアリーの左岸に位置するワイン生産の好適地である。シャトーは262ヘクタールの敷地を有し、うちAOC認定の赤ワイン用ブドウの畑は87ヘクタールである。白ワイン用ブドウの畑も12ヘクタールありソーヴィニヨン・ブランが栽培されている。

同名のワイン銘柄「シャトー・マルゴー」は、世界で最も高い名声を有する赤ワインの一つである。メドック地区の4つの第1級格付け銘柄の1つであり、10年から数十年の熟成に耐え、良質なヴィンテージのものは高値で取り引きされる。シャトー・マルゴーの年間の生産量は約35万本である。第1級の名声に達しないと判断された赤ワインはセカンドラベルの「パヴィヨン・ルージュ・デュ・シャトー・マルゴー」として販売される。セカンドにも満たないと判断された赤ワインが「マルゴー」の名称(AOCで言う村名マルゴー。他のシャトー産のワインにも、該当する地域のもので同様にマルゴーの名称で販売されているものもある)で販売されることもある。ソーヴィニヨン・ブランから造られる辛口の白「パヴィヨン・ブラン・デュ・シャトー・マルゴー」も年間約4万本生産されている。

シャトー・マルゴーは、かつてはカベルネ・ソーヴィニヨン75パーセントを主体に、メルロー20パーセント、プティ・ヴェルドとカベルネ・フラン5パーセントを基本的なブレンドの比率としていた。だが2000年前後からやや傾向が変わり、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を83パーセントから86パーセントまで引き上げ、代わりにメルローの比率を落としている。出典:ウィキペディア

 シャトー・ラトゥール

農園には広さ78ヘクタールのぶどう畑があるが、そのうちシャトー周辺部分47ヘクタールが「ランクロ」と名付けられ、ここで「偉大なワイン」専用のブドウが育てられている。ブドウの種類の構成は、カベルネ・ソーヴィニヨン種80%、メルロー種18%、カベルネ・フラン種とプチ・ヴェルド種とが2%となっている。

グラン・クリュのシャトー・ラトゥールは、一般的にはカベルネ・ソーヴィニヨン75%、メルロー20%、残りがプチ・ヴェルドとカベルネ・フランというブレンドで作られ、通常は年に18,000ケースを生産している。セカンド・ワインのレ・フォール・ド・ラトゥールは一般的にカベルネ・ソーヴィニヨン70%、メルロー30%というブレンドで、年間平均製造量は11,000ケースである。出典:ウィキペディア

 シャトー・オー・ブリオン

シャトー・オー・ブリオンでは、48.35ヘクタールに赤ブドウ種が植わっており、45.4パーセントはメルロー種、43.9パーセントがカベルネ・ソーヴィニヨン種、9.7パーセントがカベルネ・フラン種、1パーセントがプチ・ヴェルド種である。また2.87ヘクタールには白ブドウ種が植わっており、52.6パーセントがセミヨン種、47.4パーセントがソーヴィニヨン・ブラン種である[14]。

ブドウ畑は小高い丘の上、ボルドーの標準を27メートルほど上回った場所にある。 土はガンジアン Gunzian の砂利から成り、いくつかの区画では粘土の含有率も高い。 ブドウ畑のすべてはシャトー自体の近隣に集まっており、その一辺は大通りに面している[12]。

接ぎ木に最適な台木と挿し穂の選択は、シャトー・オー・ブリオンでは重要な作業とされている。この方法はジャン=ベルナール・デルマスによって考案され、ブドウ畑の植物材料の品質維持に大きな効果があった。 長期的戦略としては、若い実の間引きではなく好ましくバランスの良い苗木を確保することで、産出高を下げてきた。 ブドウの平均年齢はおよそ35年、最も古い区画では1930年代、1ヘクタールにつき平均8,000本の密度でブドウが植えられている[12]。

収穫は手で行われ、区画ごとに同じ作業グループが取り扱って、チームが個々のブドウを熟知できるようにしている。 白ブドウの収穫は、ボルドー市に隣接して暖かい気候の中、早期に熟し、ごく早期に収穫される。 白ブドウは限界まで待ってから摘まれ、選別ののち房全体が圧搾される。 人の手に触れることなく、オークの樽の中、出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)の働きにより発酵が始まる[12]。 赤ブドウの場合は、農場で選別した後、茎(梗)を取り去って砕き、特別な二重タンクに移される。 タンクの上部ではアルコール発酵が、底部ではマロラクティック発酵が始まる。 この際、重力によってワインは循環している。 以前は、熟成期間は18ヶ月、100パーセントが新しいオークの樽の中で行われた。 現在は35パーセントが新しい樽に入れ替わり、セカンド・ワインのラ・クラランスにするワインは、25パーセントが新しいオークの樽で熟成される。 白ワインは40〜45パーセントが、新しいオークの樽で10〜12ヶ月間熟成される[12]。 シャトー・オー・ブリオンは、専用の樽作製場を所持している。

年間生産高は、赤の「グラン・ヴァン」シャトー・オー・ブリオン・ルージュが10,000〜14,000ケース、白のシャトー・オー・ブリオン・ブランが650〜850ケースに及ぶ。 セカンド・ワインのラ・クラランス・ド・オー・ビロンとレ・プランティエール・デュ・オー・ビロンの生産については、選別のプロセスがヴィンテージの品質と密接に関連づいており、生産高にはかなりばらつきがあるものの、ラ・クラランス・ド・オー・ビロンの平均年間生産高は、およそ5,000ケースとなる[14]。 さらに生産が制限されるレ・プランティエール・デュ・オー・ビロンは、ほとんどフランスのレストランが独占している状態である[6]。出典:ウィキペディア

シャトー・ムートン・ロートシルト

シャトー・ムートン・ロートシルトのブドウ園は、ボルドー・ジロンド川に至る斜面にあり、おもにカベルネ・ソーヴィニヨン種のブドウを産する。今日、シャトー・ムートン・ロートシルトの203エーカー(0.8 km2)に及ぶブドウ畑は、カベルネ・ソーヴィニヨン種 (77%)、メルロー種 (11%)、カベルネ・フラン種 (10%)、プチ・ヴェルド種 (2%)から成り立っている。ワインは、オークの大タンク(メドックには、このタンクを使用するシャトーはあまり残っていない)で発酵させてから、オークの新しい樽に移して熟成させる。出典:ウィキペディア

 仕入れ先を開拓するにあたって、商社時代のツテを頼った。大手商社の孫会社でワイン輸入を行っている会社の紹介を受けた。早速、はじめはアポイントメントを取り交渉に出向いた。そこには、輸入の責任者と経理部で与信管理もしているというプライドの高そうな経理部員の若造がいた。その若造の名は、赤池裕一といった。 外部の調査会社を通して与信調査をしていたらしく、保証金を最低でも1,000万円を差し入れてからでないと取引ができないという回答だった。しかも、当初は保証金金額の50%を上限とした金額の範囲内という条件もついていた。まったく取り付く島もなかった。はじめは、ばかにするなと大声を出したい気持ちだったが、ぐっと堪えた。名刺だけはもらって会社をあとにした。仕方がなく、商工銀行の多賀支店長に相談してみることにした。

 1984年も夏の頃であった。「馬込の融資の件、ありがとうございました。」「いいえ。全体的に売上、利益も伸びてますからまずまずではないですか。」「おかげさまで。電話で申し上げました通り、今度ワイン事業もはじめようと思いまして、どこか輸入元を紹介して欲しいのです。」「せっかくタクシー、不動産事業と軌道に乗ってきましたのに、畑違いのワイン事業に手を出すのですか。」「タクシーだと乗務員の採用、車両の維持管理費、事故費用、保険料とかかなりの要素をクリアーしていかないと利益が出ません。そこで、ワインとりわけボルドーの有名5銘柄に絞って専門商社のようになれば商売として成立すると考えたのです。この銘柄であれば、必ず需要がありますし保管方法には注意が必要ですが、賞味期限は長い。普通の商品と違って在庫期間が長いからといって価値が下がり続けて無価値になることもないでしょう。リスクは限りなく低いです。」「私は、ワインのことは何もしりませんが、取引できそうなところをあたってみましょう。」「どうかよろしくお願いします。」はじめは、商工銀行新宿支店をあとにした。

 その後多賀支店長からは、何の連絡もなかった。しばらくすると最初に相談に行った商社の孫会社の経理部員、赤池裕一から連絡があった。「岩城社長、前回は大変失礼いたしました。保証金金額は前回と変わりませんが、50%上限は撤廃します。最初は少量から取引始めませんか。」「よろしいですか。それならば具体的に契約を取り交わしましょう。色々今後のことも含めて相談したいこともありますので。」「3日後の金曜日、15時スタートで始めましょう。当社にお越しいただけますか。」「もちろんです。」

 はじめは、少し気持ちが晴れるような思いだった。仕入れが可能になるといよいよワイン事業を本格的に始動しなければならないので、誰かワインとりわけボルドーに詳しい人を雇わなければならなかった。多賀支店長から連絡があり仕入れ業者は紹介できないが海外ワインに詳しい人なら紹介できそうだと連絡があった。はじめは会ってみることにした。「フェニックスタクシーの岩城です。」「真下と申します。レストランを経営しております。」「多賀支店長、レストラン経営者とは?私は、ワインに詳しい方をお願いしたはずですが。」「真下さんは、レストラン経営もなさってますがワインの第一人者でもあるんです。1969年にパリ・ソムリエ協会というのが設立され、そこでの第1期のソムリエの国家資格を取得された方なんですよ。」「ソムリエとはいったいなんなんですか。」はじめは会話についていけなかった。「ソムリエとは、レストランで客の要望に応えてワインを選ぶ手助けをする、ワイン専門の給仕人です。当然、ワインのことは年代ごとに生産量、収穫状況、糖度など調べて理解しております。フランスから毎年、葡萄の生育状況も逐一入ってきます。安心してください。しかし岩城社長、ボルドーの5銘柄にターゲットを絞ったのはセンスがいい。これから日本はますます豊かになるから高級ワインの需要がかなり増大すると思いますよ。私自身店舗をあと3店舗原宿と青山にオープンしたいので多賀支店長に融資をお願いしているところです。ところでワインをどこから仕入れられるのですか。」「丸友物産食品という会社です。」「あああそこか。確かに輸入ワインに力を入れてますね。大手の関係会社だから安心ですね。あとはどこに卸すかですね。あてはありますか。」「タクシーのお客様で常連の方にプレゼントということを考えてます。タクシーマイレージというのを考えてましてマイレージに応じた景品をプレゼントするというものです。」「1千万円くらいタクシーを使ってくれないと合わないですね。あとはどこに卸されますか。」「マイレージ会員向けにDMを出していくこととレストランに営業して扱ってもらおうと考えてます。」「そうですか。面白そうですね。業務委託契約でアドバイスしていくという形でよろしいですか。ワインの取り扱い方からどの年代のものが価値があるのか私に相談していただければ適切なアドバイスができると思います。」

 はじめは、あることを考えていた。遅かれ早かれ関東無線協同組合から離れて自社で無線室を設けなければならないこと、ワインを保管する場所が必要なことからどこかに事務所を用意しなければならない。いまではフェニックスタクシーは、タクシー事業、不動産事業、ワイン事業の3本柱だから本社機能も設ける必要があると思った。場所は一度撤退した中野に決めていた。中野南口に200坪の土地が売り出しに出たので購入することにした。購入及び建設資金7億円のうち3億円だけ借入ることにした。既存の営業所がかなり利益を出していたので財務が安定していた。

 1985年に中野にフェニックスタクシー本社が設立された。そして、本社設立と同時に関東無線協同組合からの脱退が発表された。本社に無線室を設け、従来の無線方式と違ったMCA無線でスタートするというものであった。設備資金5億円、全額銀行借入で賄うことにした。借入残高は一部返済が進んだものもあったがこの時点で35億円に達していた。無線室要員として5人のパートさんが採用され、乗務員出身のもので定年を迎える者に無線室の管理を任せた。タクシーがどこにいようが必ずつながるという触れ込みでスタートした。取りこぼしがなく、お客様の要望に100%応えていればビジネスは必ずうまくいくと考えていたからだ。無線室は引っ切り無しに電話が鳴り続いた。しかし、タクシーの走行距離は意外に伸びていないという事実はまだ知られていなかった。

 一見うまくいっているようだった。電話が多くなるにつれ人員を増やさなければならないこと、24時間対応の必要に迫られてきたことから人件費の大幅な増大へとつながった。業界内部と会社内部で関東無線からの脱退に懸念をもつ人がかなりいた。無線利用台数が採算ラインから大きく落ち込んでいたからだ。最低でも2000台は必要だと言われていた。はじめは、営業で2000台以上にするつもりでいた。売上高の増加は顕著であったが経費の増大に目がいかなくなってきていた。自社で無線室をやるのは無謀な投資だという乗務員もたくさんいた。大手四社は既に自社で無線を導入していたがスケールメリットもあり経費として大きく目立つことはなかった。新営業所2つとワイン事業、無線室と矢継ぎ早に手を打ってきたが前途多難な様相を極めつつあった。更に、日本経済が空前のバブル景気へ突き進む足音が聞こえていた。