丹波山温泉~のめこい湯~

 

 奥多摩駅から西東京バスでバス停「丹波山温泉」下車、徒歩2分で到着するアルカリ性の強い肌がすべすべになる温泉です。奥多摩駅から約50分程度の場所です。武蔵五日市からだと檜原村ぐらいの距離です。しかし、奥多摩駅を出発したからといってここは東京都ではありません。山梨県です。奥多摩の源流になります。前日が雨だったということもあって川の水は少し濁っておりましたが、通常はかなり透明で川底も見えるくらい綺麗だそうです。温泉のオープンが10時からなので、30分早く到着したため近くの渓流を散策しているときに出会った釣り人に教えていただきました。

 

 

 

この階段を下に降りていきます。少し急勾配なので気を付けてください。

 

ここを潜ると次は橋があります。

 

この橋を渡り切ると左手に温泉が見えてきます。

前日雨が降ったからキャンプの人が少なかったと思いましたが、地元の人曰く「もえぎの湯」、「つるつる温泉」、「瀬音の湯」ほど混まないそうです。実際お風呂でいっしょになった方に聞きましたら、青梅の方で混まない穴場なのでいつも利用しているということでした。ちなみに、「小菅の湯」はここより小じんまりとしているがなかなかいい湯だともおっしゃってました。料理は「小菅の湯」の方が美味しいそうです。

 

 もり蕎麦ともつ煮込み。健康にはいいかもしれませんが美味しくなかった。以前は手打ち蕎麦がメニューにあったそうですが今は中止になっております。腕のいい料理人は、好待遇で都心部のお店に引き抜かれるから、地方にはなかなか好い人が集まらない。ここも人手不足の影響が出てます。

 

かぼちゃほうとうですが、これも美味しくなかった。

 

温泉施設として湯に浸かるということだけなら、高評価になります。サウナもありますし、サウナから出たあと保温室というところで寝ることができます。2階には休憩室もあり仮眠もとれます。綺麗で申し分ないですが、料理は美味しくないです。入浴料も900円で一日入れます。読書室もあったりとくつろげる空間があります。

 

 

逆光でフレアが入ってしまいましたが、削除せずに残しました。好きな感じなので。

 風の音に魅了されてしまいました。良く聞こえないかもしれませんが録画しました。

緑の香りがとても素晴らしかったです。

 

 

一日4往復しかないので計画的に過ごさないと大変なことになります。車があればその方が無難でしょう。温泉と周囲の自然環境が最高でした。

 

http://www.nomekoiyu.com/index.html

 

 

Apple?Watch Series?4(GPSモデル)- 40mmシルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド

 

スマホレンズ クリップ式 0.6倍広角レンズ 15倍マクロレンズ 180°魚眼レンズ 高画質カメラレンズキット 自撮り ワイド 接写 スマホ用カメラレンズセット iphone Android全機種対応 簡単装着 携帯レンズ 3in1(広角+マクロ+魚眼)