バスタ新宿と高速バスの可能性

f:id:ogoesamurai:20200112205714p:plain

高速バス

 

高速バスを利用したいと思った理由

 

 千葉県にある養老渓谷に行ってきました。住居表示で言えば千葉県夷隅郡大多喜町粟又から市原市までのエリアになります。リハビリも兼ねて5キロは歩きたいと思いましたが、結果として10キロ歩きました。

 

 今回、養老渓谷に行くにあたって利用したのが高速バスでした。初めて乗るのでバスタ新宿まで無事に到着できるか心配でしたが、極めて分かりやすい場所にありました。JR新宿駅南口を出て正面の信号を渡り切れば「バスタ新宿」になります。高速バスだけでなくタクシー乗り場もありましたので利用者の利便性は向上しています。高速バスでバスタ新宿に到着した方が全て電車等で移動する人ばかりではないからです。面倒だからタクシーを利用する方もいらっしゃるでしょう。高速バスの一つ下のフロアーがタクシー乗り場です。

 

金額面と乗り心地

 

 新宿から「五井駅東口」までで時間で1時間、料金は現金だと1,500円、SUICAだと1,280円と格安です。高速バスは比較的に距離のことを考えても格安です。乗り心地も長時間乗っていても快適です。路線バスのような不快感もなく停車する回数も少ないことも一因です。

 

地方をもっと魅力ある観光資源に

 

 但し、今回私だけが乗車していただけで乗車率で見た時、この移動手段を将来に渡って維持するのが困難になるでしょう。赤字の垂れ流しは長続きはしません。もっと地方は魅力ある観光資源の開発に力を入れるべきだと感じました。電機もだめ、カメラもだめ、何とか自動車で持っていてもいづれはどうなるか分からないということは念頭に入れておくべきです。海外から来てもらい、食や文化、自然を堪能してもらいお金を落としてもらう。立派なビジネスです。バスタ新宿でバスを眺めていると、福島行もありましたし、木更津行もありました。木更津は「三井アウトレットモール」もあります。新宿を起点に各地方へ人を誘導していけば、交通手段だけでなくPRの少ないあるいは下手な地方都市にも口コミとかで訪問者が増える可能性が出てきます。そして海外からの訪問者が多くなれば必然的に語学力も必要となりますので、地方のレベルアップにも役立ちます。

 

将来への布石

 

 バスタ新宿の投資は、国家的見地からも有益な投資だったと言えるでしょう。折角のインフラを最大限に活用するには、地方都市が連携して観光資源の強化に着手する必要があるでしょう。成功している都市からノウハウを得ることも大切です。乗車率を高めなければ高速バスを維持できなくなりチャンスそのものが消滅してしまいます。高速バスは電車よりも料金が安く時間も短縮されます。高速バスを上手く利用して地方の活性化に繋げていきましょう。

 

高速バスの利用状況

 

 国土交通省の平成27年資料より、高速乗合バス輸送人員 109百万人、国内航空旅客(92百万人)よりも多く新幹線合計(334百万人)の約1/3のご利用。これは高速バスの重要性が増しているということです。高速バスの輸送人員数は、平成11年と平成25年を比較した場合、約1.7倍まで利用者が増加しております。

 高速バスの重要度と利便性を高める契機となった、バスタ新宿とは次の通りとなります。平成28年4月4日(新宿高速バスターミナル) 開業、19か所に点在していたバス停を集約。1日平均2.9万人、最大4.1万人の乗降客数を誇る日本最大のバスターミナル。
新宿から1日約1600便。39府県300都市を結ぶ。

 

平成29年1月31日、訪日外国人等向け高速バス情報サイト「高速バス情報プラット
フォーム Japan Bus-Gateway」開設とインバウンドにも力を入れております。

 

アシックス(アシックス) 【ゼビオグループ限定カラー】SORTIE JAPAN 1013A066.700 (ピンク×ホワイト/26.5/Men's、Lady's)

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スポーツボトル 水筒 直飲み ダブルステンレスボトル 真空断熱 HDボトル 1000ml シルバー UE-3371