ニカラグア大使、金子ボクシングジムに現れる❔

 天気もよく、急に御呼ばれしたので恐る恐る金子ボクシングジムに行ってまいりました。ジムの中は、汗臭さで男の世界でした。そこには、なんとニカラグア大使がオシャレなボクシング用シューズとパンツを履いて待ってました。

 

▲ニカラグア大使です。なかなかきまっております。畳の匂いが好きなので、大使の部屋には畳が敷いてあるそうです。これも国際親善なのでしょうか。

 

▲アシックスのものですが、格好いいです。


ニカラグア大使、金子ボクシングジムでスパーリング1R

 


ニカラグア大使、金子ボクシングジムでスパーリング2R

 

▲少し足に来ているようです。

▲金子ボクシングジムは、小田急または京王井の頭線「下北沢」駅から徒歩5分程度のところにあります。建物はなぜか緑色の外壁タイルでした。

 

▲金子繁治、日本初の東洋太平洋チャンピオンで初代金子ボクシングジム会長です。現在は、長男の金子健太郎さんが跡を継ぎ会長としてジムを運営しております。

 

 

ジムの中はこんな感じです。

 

▲このリング前回の東京五輪でも使用されたもののようです。少し小さいですが、正式な試合もできるそうです。

▲邪魔にならないように、写真を撮影しました。

 

◎ボクシングは実力の世界。勝つか負けるかで白黒はっきりする世界。チャンピオンにならなければ食べていくのは相当大変なようです。会社員なら社長にならなくても食べることはできますが、ボクシングの世界はそうではありません。今一度、私に人生を見つめ直せという暗示に思えました。この機会を与えて下さった青田プロモーターに感謝。

 

下北沢も線路がなくなり、電車が地下を走るようになったので20年以上前に来た時と全然違う光景がそこにはありました。今度は下北沢の街を散策して見ます。いいお店が沢山ありました。

 

下北沢に来たら、すぱじろう下北沢店をご利用ください。金子ボクシングジムの選手の方が茹でた美味しいパスタが食べれます。

 

retty.me

 

 

f:id:ogoesamurai:20200209202652p:plain

▲ニカラグアと言われてもイメージがわきませんでしたので、地理的にはこんな感じです。政情は不安定なようです。中米に位置しております。駐日ニカラグア共和国大使館、特命全権大使:ロドリゴ・コロネル・キンロッフ。今回ボクシングをされていた方です。かなり偉い方のようです。

 

Talk Is Cheap

▲なかなかの名盤です。

Pen(ペン) 2020年2/1号[ジョン・レノンを語れ! ]