ホテルカリフォルニア

f:id:ogoesamurai:20200704224816p:plain

 名盤であるが故にレビューは数知れずあります。最も音質がいいものはどれかということだけお話します。

 

 それは、2011年発売のハイブリッドSACDが最高音質でしょう。解像度、臨場感、横への広がりがずば抜けております。ハイレゾの40THのものも聴きましたが、どうしても納得いきませんでした。過去にSHM-CDで発売されたものも聴きましたが音圧が上がって良さそうに聴こえますが余韻に浸れない。このSACDはアコースティックギターの音が細やかに聴こえてカセットテープで聴いているような音ではないということです。エレキギターのフェイザーの掛かりも良く聴こえます。ハイレゾであれば全て良く聴こえるわけではありません。

 

 ギターの音質とコーラスの前後感がしっかり出ているところが素晴らしい。

 

悩んだら買ってみて試すのがいいでしょう。しかし、「ならず者」はハイレゾで購入します。

 

ホテル・カリフォルニア(SACD/CDハイブリッド盤)